ブログ マインド

お会いできて光栄です。(自己紹介)

  1. HOME >
  2. ブログ >

お会いできて光栄です。(自己紹介)

「凡人」の私でも「自分らしく」「自由に」生きることができるのだろうか。

このような悩みは日々尽きることがないが、自分の中に一つの答えを見出すことができたからブログを綴ろうと思う。

様々な意見があると思うが、一つの効果的な方法は「環境を変える」ことだろう。

ブログを始めた背景

私は最近、日本の有名な社会学者である宮台真司氏の「日本はクソだ。絶望から出発しなければならない。」という類の発言を聞いて以来、衝撃を受けている。
「なんてことを言いやがるんだ。非国民め!」と片付けられれば良かったのだが、話の内容や根拠を聞けば聞くほど頭ごなしに否定することができないから厄介なのだ。(同調圧力や既得権益が生む障壁など)

とにかくこの状況を知って何もしないというのは良心が許さなかったし、かといって凡人の私が社会的に大きな影響を与えることはできない。
そんな中、私が出した一つの行動指針がこれだ。
「1人1人が自由な生き方を確立できるような環境を作る

「自由」と「日本社会の改善」がどう繋がるのかと思うかもしれないが
1人1人が「自らを由とする生き方」を確立することによって、情報を鵜呑みにせず、正しい選択ができるようになる。その正しい選択の総和が、結果的に健全な社会を築き上げる。と私は思っている。

このブログを読む中で「私は自由に楽しく生きているよ」と言う人も中にはいると思う。
しかし多くの人が自由に生きられていない結果、今の日本があるという事実を認識していただけるだけでも、このブログを書いてよかったと思う。
なぜなら私たちが幼少期から培ってきた価値観や考え方は、軍事教育の名残が強く残った学校教育・家族や友人など身近な存在からの個人的価値観からくる教え、正しさよりも話題になりそうな情報を流すメディアの影響を受けて、無意識的に情報を鵜呑みにして出来上がったものが多いのだから。

私がこの事実を知った時、いかに自分が無知で、物理的に自由だとしても思想的に縛られて生きてきた人生だったのかと慟哭した。

幸いなことに慟哭するだけでは終わらず、これまで積み上げてきた価値観や考え方をリセットして「自分らしく」「自由に」生きるための努力を続けて来ることができた。しかしこれも自分の力は5%にも満たず「環境を変える」ことで「素晴らしい人達に出会い、正しい情報を吸収できた」おかげなのだ。

環境≠物理的な環境
環境=関わる人・受け取る情報・周りにある物
・体験

だからこそ、このブログを通して「自分らしく」「自由に」生きるための環境を提供していきたい。

凡人として「自由な生き方」を追い求める私は常々こう想う。
あなたが「自分らしく」「自由に」生きることが「あなただけではなく世界」までも素晴らしく変化させる力になるのだ。

凡人による「自分らしく」「自由に」生きるすゝめ

経歴

小学時代
「同調圧力」の影響(私の性格が良くなかったこともあると思うが)でクラスメイトからいじめを受けて涙する日々。そうした状況から逃げるように私立中学へ。

中学時代:
「空気が読める奴」代表へと転換。出る杭が打たれることを恐れて勉強も部活動(サッカー)もそこそこの結果で過ごす。友達も一定数いた。

高校時代:
「反抗」が行動に表れ始める。表面的には優等生だが、授業への遅刻や校則違反など何とか自我を出そうと抗う。

大学時代:
「自分らしさ」を醸成し始める。きっかけは新しい環境(人・物・情報)との出会い・既存性の破壊(私にとっては14年間続けてきたサッカーやその過程で育まれた価値観)。

社会人時代:
「自らを由とする」素晴らしさを体感。サラリーマン(メーカー営業⇒教育)として一定の社会人経験を積んだ後、独立。現在に至る。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

-ブログ, マインド